ダイエットアイデア

主婦にとって理想のダイエットスケジュール【時間の使い方】

ダイエットをするときに軸になるもの、それは計画的なスケジュールを立てること。

目標や期間、生活スタイルに応じてスケジューリングをして効率性を高めることが大切です。

これができていないとダイエットが長続きしません。

 

スケジュールを立てるのは個人の都合に合わせなければなりませんが、大枠は参考にすることができます。

今回は専業主婦がダイエットを成功させるために組むスケジュールについて解説していきます。

 

主婦ダイエットスケジュール~午前中の使い方~

起きてからお昼までの時間はダイエットにおいて非常に重要です。

なぜなら、

  • 運動効率のよさ
  • その日1日のダイエットの流れ

が決まる時間だからです。

 

朝はダイエットをするための運動には最適な時間、そしてダイエットを成功させるための流れを決めます。

まず、午前中に腰が重くなるとその日それ以降のダイエットのモチベーションが上がりません。

 

まず、朝は毎日規則正しい時間に起きる。

そして、朝御飯はしっかり食べることです。

エネルギーになるように、炭水化物やタンパク質を中心に献立を考えましょう。

 

そして、筋トレと余裕があればランニングです。

朝はとにかく運動効率がいい時間なので、必ず筋トレと有酸素運動は取り入れたいところです。

筋トレを3セットしてからランニングを30分

という区切りをつけてやるのがおすすめです。

食べてすぐに運動はキツイかもしれないので、間を空けるか、朝食前に運動をするようにしましょう。

 

主婦のダイエットスケジュール~午後の使い方~

お昼以降の時間もダイエットをするために考えなければなりません。

朝、十分に運動できなかったときはこの時間帯で取り戻しましょう。

 

お昼ご飯はそこまでダイエットを考える必要はありません。

1日のなかでも好きなものを食べられる時間帯です。

ただし、ここで気を抜いて食べ過ぎてもダイエット失敗に繋がります。

食べ過ぎや高カロリーの揚げ物には注意しましょう。

 

間食も多少ならいいですが、より早くダイエットをしたいのであれば徹底的に避けるべきです。

 

お昼は家事などをこなす絶好の機会です。

午前中の運動終わりや午後の隙間にすべて終わらせられるなら効率が良いです。

 

夕飯前の夕方、16時から17時くらいで運動ができたらやっておいたほうがいいです。

朝の運動だけでは消費は劇的に増えません。

お昼ご飯から数時間の間に家事を終わらせて、運動に備えて夕方から始める。

 

少し忙しくなりますが、効率性を極めるためには必要なことです。

家事が忙しい場合はまとめて特定の時間帯に一気にやってもいいかもしれません。

 

主婦ダイエットスケジュール~夜の使い方~

一番扱い方を間違えてしまうのが夜の時間帯です。ここはダイエットをするにはシビアにしなければいけないところです。

 

まずは夜ご飯についてです。

夜ご飯は1日の中でも一番質素なものを心がけたほうがいいです。

ついつい食べ過ぎてしまいますが、夜はほとんど動かない時間帯。

消費されないカロリーが多いので、夜に食べ過ぎると太るのは当然です。

 

さらに食べる時間にも注意です。

胃に食べ物が残った状態で食べるのは太る原因になります。

18時~19時頃に食べて23時には就寝するのがベスト。

 

睡眠時間は7~8時間は取らないと太りやすい体質になります。

余裕があれば、ここで明日の準備をしておいて翌朝に余裕を持って運動するという選択肢もあります。

夜は特に食べ過ぎと睡眠時間に注意が必要です。

 

ここまで1日のスケジュールを追いましたが、大切なのは習慣化です。

最初の一週間で習慣にできないと今後のダイエットも上手くいかなくなります。

 

とにかく最初が勝負になるので、無理をしてでもルーティンとして確立させていきたいところです。

-ダイエットアイデア

Copyright© ビーコンセプトの口コミ【評判を徹底調査!】 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.