ダイエットアイデア

豆腐はダイエットに本当に適してる?【正しい食べ方】

ダイエットで食品の話になると必ず出てくるのが豆腐です。

昔からヘルシーなイメージがありますし、満足感を得つつダイエットしたい人は豆腐などの大豆食品にする人は多いかもしれません。

 

でもただ豆腐を食べるだけでダイエットになるの?という疑問もあるでしょう。

もちろん、ただ食べるだけでは無理です。

 

ダイエットは全体のバランスで食事を考えなければいけません。

そんなときに豆腐はどのように活躍するのか?

今回は豆腐をダイエット食品としてポテンシャルを引き出す方法について解説していきます。

 

豆腐は低カロリーでたんぱく源

まずは豆腐はダイエットにふさわしい理由として根拠になるのが低カロリー食品だということです。

カロリーが低いというのはなんとなくわかりますよね?

見た目も太らなそうですし笑

 

しかし、カロリーが低いだけなら他にもありますよね?

野菜もカロリーが少ないのに、豆腐だけ低カロリーと言われるのは違和感ありませんか?

 

事実、豆腐よりカロリーが低いものはあります。

なのに、豆腐が低カロリーと言われているのは、たんぱく源の中での相対評価があるのでしょう。

 

お肉や魚と同じくたんぱく質が取れる。

にも関わらず低カロリーだから豆腐はヘルシーというイメージがあります。

これに関しては間違いないです。

たんぱく質を低カロリーで取れる食品だからこそ、ダイエットに適していると言われるのでしょう。

 

豆腐のダイエットにおける正しい使い方

豆腐は確かに低カロリーです。

ただ、豆腐に限らずダイエットに最適と言われているものは食べただけでは痩せません。

当然ですが、豆腐そのものに痩せるような成分が入っているわけではありませんから。

 

ではダイエットで豆腐をどのように置き換えるのか?

それは豆腐と高カロリー食品を置き換えることです。

 

高カロリーと言われているものも必要な栄養素には違いありません。

お肉のたんぱく質も人体には貴重というわけですね。

しかし、お肉を食べる分、大豆で補うことができれば、たんぱく質を確保できてかつ低カロリーというわけです。

 

つまり、日頃のお肉プラス豆腐を食べるということではなく、たんぱく質を主に豆腐から食べるようにすればカロリーは低く押さえられますよという話です。

豆腐がヘルシーだからいくらでも食べようという話ではありません。

豆腐ハンバーグというのがありますが、ハンバーグを食べる満足感を豆腐で得られるからこそ、ダイエットに効果的なんです。

 

豆というのは畑の肉と言われています。

その畑の肉で牧場の肉を置き換えるのが本当のダイエットということができます。

 

豆腐は本当の肉の代わりにはならない

豆腐はダイエットに優れますが欠点もあります。

  1. 本当の肉を食べたときの満足感には劣る
  2. 動物性タンパク質と植物性は違う

 

豆腐は置き換えると言っても耐えられる人とそうでもない人がいます。

たしかに満足感はありますが、肉に比べたら旨味が薄れるのは当然。

日常的に続けていくのはストイックな人でないと厳しいかもしれません。

 

さらにたんぱく質は植物性と動物性で性質が変わります。

動物性タンパク質は筋力をつけたい人にはいいですが、高カロリーである。

植物性たんぱく質は低カロリーだが筋肉には変わりづらい。

それぞれ一長一短があります。

 

本当に食事だけでダイエットをするなら置き換えるだけでも変わりますが、運動で筋肉をつけたいなら植物性たんぱく質は効率的ではありません。

場合によっては動物性タンパク質を積極的に摂取すべきときもあります。

 

豆腐は食べることそのものではなく、

食べ方こそが重要になります。

ダイエット食品だからといって闇雲に食べるのではなく、献立からきちんと練って扱うのがおすすめです。

ビーコンセプトの口コミまとめ!太ももダイエットの効果やメリットは?

-ダイエットアイデア

Copyright© ビーコンセプトの口コミ【評判を徹底調査!】 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.